FC2ブログ

連休明け

  • 2012/01/21(土) 14:10:48

水木の連休で飲んで、
(ミサさんゴチっす)
金曜出勤してまた休みな土曜日…
この際だから日記書く。
就職してはや半月…
キツい中にも多少は要領が掴めてきた気がする。
13時間労働にも少しだが慣れてきた…
力の入れどころと抜きどころ、
気の使い方、作業の優先度…
まだまだ学ぶべきところは沢山ある。
オデはまだ洗い場の仕事しか知らないし、
それすら満足にこなせないのだから…。
次のポジションは麺場か肉切り場。
一年で何とかセンターに行ければ…などと時期尚早なことも考えていたりする…
まぁ、経過は重畳だ。

1214

  • 2011/12/15(木) 05:47:31

12月は一年の総決算。元旦はそれの最終日といえる。

約一ヶ月半ぶりに日記をしたためているが、
下手をすると遺書になりかねないので思い浮かんだことを書くことにしよう。

12月14日はとにかく動き回ったので今後も鮮明に覚えているだろう。
小川町から新宿まで7キロを1往復分、徒歩だけでも14キロは歩いている。

まずクリスマス前のバイトの派遣登録に逝くため神田までGO。
そこから母校のある神保町まで歩く途中、ある店が求人広告を出している。

それを控えようとしたら何故か店員に呼びとめられ、その日の晩中に面接と相成ったわけだが…

当の自分としては唐突過ぎて全くわけがわからない展開である。

受かったなら受かったでせっかく始めたバイトをやめなければならない。

そしてそれ以前に家賃が払えないと言う厳しい現実は否応なしにオデを、
意地でも拒否し通してきた労働に駆りたてるのだ。

果たしてどう転ぶかはよくわからない。しかし、1214はオデの人生を変えた日として

人生にきざみつけられるに違いない。

因みに提示された労働条件は1時間休憩の店に13時間拘束。
2年で店長待遇昇格を狙う。
与えられた一時間の間に何をすべきかがカギとなるだろう。

因みに、面接担当の前では言わなかったが他の店の「偵察」をするつもりだ。
決して「食べ歩き」などではない…多分。

で、最初に何故「遺書になるかもしれない」と書いたかについて
…労働時間もさることながら肝機能があまりよろしくないようなのだ…
献血の時拒否られたから、かなり心配ではある。

体重が10キロ減ったわけだが、どうやら同時に肝臓も削ってしまっていたらしい。

反省。節制。養生。

だが、そんな時間は 無い。



さらばダメ猫

  • 2011/11/16(水) 10:45:21


昨日訃報が届いた…

ダメ猫(ミー)享年1歳6ヶ月…
死因は横隔膜が破れたことによる内出血。
破れた原因は不明…。
今年は一月にアホ犬が事故死…
そして睾丸を損傷して一ヶ月、
昨日のダメ猫死亡…
共にオス…
立て続けに起きた不幸、
悲しくもあり薄気味悪くもある…。
「お前のうちでは男子が育たない。」
教祖様の予言が現実味を増してきたせいか、
今は薄気味悪さのほうが遥かに強い…。
しばし喪に服したいが、
そんなことをやっている精神的余裕も銭も無い。

銀ブラ・お台場・そして面接堕ち

  • 2011/11/10(木) 02:08:01

この前の日曜はオフ会だった。

珍しくニチアサが駅伝で中止。 雨が降っていた…

有楽町に一時間ほど早く到着したので近くの本屋でラーメン雑誌を立ち読み。

なんというか…最近のラーメン屋は個性が強い。

素材にムール貝、チャーシューにコンフィといった

イタリアン、フレンチの技法を取り入れてるとこもあれば、

パイナップルや鮮魚を使った店もある。

11時にソニーの新しい3D映像ぽいのを見に行って…で、

その後行った銀座一丁目の牛骨ラーメン「香味徳」がそういう店だった。

豚とは明らかに違う香り。

牛の大腿骨と香味野菜を煮込んだものだそうだが、臭みが無く上品にまとまっている。

やはり牛脂も効いているんだろうか?何と言うか味の土台がしっかりしている気がする。

(ただし科学調味料がどの程度入っているかは不明)

で、腹が膨れたところでお台場にGO。

卓球やって、バッティングセンター逝って、自転車こいで、お化け屋敷でボッタくられて(笑)

で、最後ビリヤードやって大逆転して…

夜はそこの中華屋で坦々麺食った。悪くなかったけど、今少し香りが欲しかった。

それと麺との絡みもそこまで良くなかった気がする。

楽しいことばかりではないのが人生だ。次の日は朝から動悸が激しくて…

予想できた結果とはいえやはり採用面接に堕ちると凹むもんだ。

そのときのオデの返す内容もテンパってもう何が何だかわからなくなっていた。

…今思うとまずい。とてもまずい対応をしてしまった…

最後に、以前働いていた従業員がいるらしい五反田の某店を紹介され、電話は切れた。

…情けをかけてもらったようだ。 こんな不甲斐無いオデに情けを…

勉強してから出直してこい。 そういうことなのだろう…

ならばよし。 

成ってしんぜよう。 職人である前に人間に。 職人である前に商人に。

モノを売る人間というのが何か、じっくり学ぶことが今の自分には必要である、

そう解釈した。





スロースタート

  • 2011/11/04(金) 04:22:48

動かないとやばい状況というのは誰にでもある。

自分を追い詰めて追い詰めてギリギリのラインまで来てから動く手遅れな人間が

こ の オ デ だ 。

一昨日やっと重い腰を上げて面接に逝ってきた。

・・・談笑で終わった。

これは堕ちるフラグだろう・・・しかしなんとなく心は晴々としていた。

やっと一歩だけ踏み出せたという実感。

数メートル先まで闇が晴れたような心地だった。

月曜に通知される当落は別として、やはり動いてみるものだという経験則を得たのは

大きな収穫だったと思いたい。

冬は・・・これからだ・・・!